労働への意欲促進

クライアントに対してニーズにあったいろいろなストックオプションプランを提供してくれる会社なら安心して仕事を任せられますよ。

安く買い、高く売る。
これは、商売の基本的な原則です。特に株では、この傾向が顕著ですね。大口の株は、僅かな安値、高値にも敏感に反応し、できるだけ多くの利益が出る時点で、手放さなくてはなりません。そのタイミングが難しく、また安定した利益を出すには熟練の技術と知識、そして長年の経験が必要であることから、なかなか株に手を出しづらいと感じている人も多いのではないでしょうか。

しかし、企業に所属している人であれば、誰でもこの株に関与します。なぜなら、自分の労働が、自社の株価を向上させるからです。会社のために頑張れば頑張るほど、自社の株価は向上し、株の取得者に対して利益を献上している、と言うこともできるのです。

もし、自社の株を所有しているのであれば、それが労働へのモチベーションになることは容易に想像できると思います。そこで考えられたのが、ストックオプションというものです。

ストックオプションは、企業に属する従業員に、将来に渡って自社株を一定額で購入する権利を付与する、というものです。この権利は、付与された段階では行使できず、定められた期間が経過したのちに、株の売却を通して利益を得ることができるようになります。
権利の付与と行使のタイミングが異なるということで、会計が非常に複雑になるという問題があります。ストックオプションの会計処理に頭を悩ませている人も多いでしょう。

従来、ストックオプションの会計というのは、オフバランスでした。つまり、バランスシートに計上しなくても良い、会計リスクを対外的に示さなくても良いものだったのです。ところが、近年ではこれをオンバランス、バランスシートに計上し、会計リスクとして提示すべきという方向に変わってきています。そのため、やや複雑化したかのように思われています。

しかし、従業員に対して、ほぼノーリスクで労働の質の向上を促せる制度として、今、多くの企業で導入され、注目されています。

従業員の賞与として利用されるストックオプションの評価がこちらのサイトで紹介されています、ストックオプションを上手く利用するためにも把握しておくと良いですよ。

Posted under by transplantteamireland.com on 木曜日 22 8月 2013 at 5:31 AM